シール・ラベル印刷のことならおまかせください
山田美術印刷株式会社 TEL:052-913-7011
山田美術印刷株式会社
  • 電話で問い合わせる
  • メールで問い合わせる
  • アクセス
  • メニュー

 昨年の11月、工場に新戦力が加わりました。
それはインキディスペンサーとスピンミキサーというインキを自動で調合する機械です。従来からあるCCM(Computer Color Matching System)と合わせて活用し、印刷色の品質保持とインキ調合時間の短縮を図ることが導入の目的でした。CCMの分光計を特色インキで作りたい物に「ピッ」とすれば、ほぼどんなものでもインキの配合が分かり、その配合をインキディスペンサーで必要な量を自動抽出し、抽出されたインキをスピンミキサーで練り混ぜ合わせる作業までをスピーディーに行うことができます。そんなオペレーターにとって夢のような機械ですが、導入に対して最初はあまり必要性を感じていませんでした。新しい物に対しての反発や抵抗があったのかもしれません。「ハカリを使って自分で作った方が早いんじゃないか」、「抽出量の精度は大丈夫なのか」等の思いがあったのですが、慣れない作業に手間取りつつ使っていくにつれ考えは一変。精度は自分で作るより良いと感じますし、何より必要なインキ量を入力すれば自動で配合を計算し抽出してくれる為、計算間違いやインキの入れ間違い等の人為的なミスが起こりません。こうしたことで無駄なインキを作ることがなくなり、廃棄するインキを削減することもできます。弊社はグリーンプリンティングを取得しており、グリーンプリンティングの観点からも非常に有効活用できると実感しています。そして何よりもリピート受注が多いラベル印刷では、いつも同じ印刷色を調合できることは、導入の目的であった印刷色の品質保持と向上に繋がっています。
 入社して20数年が経ちますが、工場の設備、環境も時代と共に進化してきました。オペレーターとしての技量の向上はもちろんのことですが、進化する印刷設備を導入・活用し、信頼いただける印刷品質をこれからも引き続きご提供していきたいと思います。

Recent Entries 2020
擬似エンボスラベルで差別化 インキディスペンサーとスピンミキサー
Recent Entries 2019
擬似エンボスラベルで差別化 『SDGsと名古屋』に参加
SDGs 新たなるスタート
ラベルの第一印象 ラベルフォーラムジャパン2019
『第4回「食」と「農」の大商談会』に出展 ラベルレス商品で思うこと
国際化粧品展・化粧品開発展2019 新元号「令和」の時代に向けて
創業60周年を迎えて ラベル印刷の品質管理について
Recent Entries 2018
印刷色の品質管理について 印刷色の品質管理について
ラベルでワンプラス、ワンアップ 偽造品対策ラベルの市場調査
地方の特産品のラベルデザイン ラベルエキスポ東南アジア 2018
食品表示ラベル デザイン研修『愛知県 常滑市』
「食」と「農」の大商談会に向けて 「食」と「農」の大商談会に出展
新たなる「挑戦」 新たなる「挑戦」
Recent Entries 2017
訴求力のあるPOPラベルのご提案 「偽造品対策ラベル」
職場インタビュー フォトビーでオリジナルビールをつくる
デザイン研修『愛知県 半田市』 第1回「印刷と私」コンテスト
ラベル印刷での色のこだわり 防災のための蓄光シール
6 次産業を応援するシール 防災のための蓄光シール
『ハートをつかむラベル』デザイン 『企業の魅力を伝えるノベルティ』のデザイン