シール・ラベル印刷のことならおまかせください
山田美術印刷株式会社 TEL:052-913-7011
山田美術印刷株式会社
  • 電話で問い合わせる
  • メールで問い合わせる
  • アクセス
  • メニュー

 はじめまして。営業1課の森川敏光と申します。
昨年の4月に入社し、半年間工場等で製造を学びました。現在は営業として日々勉強中です。わかりやすくラベル印刷のことを皆さんにお伝え出来ればと思いますので、宜しくお願いします!

ところで、みなさんはこんな経験ありませんか?
 ・印刷物の色味が見本イメージと違う
 ・肌色がうまく表現できない
 ・印刷にバラつきが出てしまう

それらの原因は、もしかしたら光源の演色性の違いかもしれません。

光源の演色性とは、照明の光源が変わると物の色の見え方が変わってくる性質のことです。

例えば、赤いイチゴを白熱灯の下で見ると鮮やかな赤に見えますが、同じイチゴでも蛍光灯の下ではくすんだ赤に見えます。この現象は印刷物でも同様です。

それらを防止する為に、弊社では工場をすべてパナソニック製演色性LEDにリニューアルしました。
LEDの仕様としては、光源色温度は5,000Kを採用しております。これは、日本印刷学会推奨規格が採用している印刷物の色校正に適している仕様です。

もちろん、お客様にもご校了を安心して行って頂けるように応接室も同じLEDにリニューアルし、明るく生まれ変わりました。また、もしもの際にも備えてお客様や作業者への安全の為に、飛散防止カバーも取り付けております。

近年のラベルデザインは、タレントさんの肌色や景色・風景等の、色の再現のクオリティーを求められるお客様が増えております。弊社ではお客様が満足して頂けるラベルを、一歩先ゆく視点で、少しでもクオリティーの高い品質でお届けすることを大切に考え、日々試行錯誤しながら頑張っております。

工場見学もいつでもお待ちしております。
是非、明るくなった山田美術印刷㈱を見に来てください!

Recent Entries 2019
擬似エンボスラベルで差別化 『SDGsと名古屋』に参加
SDGs 新たなるスタート
ラベルの第一印象 ラベルフォーラムジャパン2019
『第4回「食」と「農」の大商談会』に出展 ラベルレス商品で思うこと
国際化粧品展・化粧品開発展2019 新元号「令和」の時代に向けて
創業60周年を迎えて ラベル印刷の品質管理について
Recent Entries 2018
印刷色の品質管理について 印刷色の品質管理について
ラベルでワンプラス、ワンアップ 偽造品対策ラベルの市場調査
地方の特産品のラベルデザイン ラベルエキスポ東南アジア 2018
食品表示ラベル デザイン研修『愛知県 常滑市』
「食」と「農」の大商談会に向けて 「食」と「農」の大商談会に出展
新たなる「挑戦」 新たなる「挑戦」
Recent Entries 2017
訴求力のあるPOPラベルのご提案 「偽造品対策ラベル」
職場インタビュー フォトビーでオリジナルビールをつくる
デザイン研修『愛知県 半田市』 第1回「印刷と私」コンテスト
ラベル印刷での色のこだわり 防災のための蓄光シール
6 次産業を応援するシール 防災のための蓄光シール
『ハートをつかむラベル』デザイン 『企業の魅力を伝えるノベルティ』のデザイン