山田美術印刷株式会社
名古屋でシール・ラベル印刷・デザインなら
山田美術印刷株式会社
Tel:052-913-7011

 9月5日~7日の期間、ポートメッセなごやにて開催されました第1回名古屋オートモーティブワールド2018へ見学に行ってまいりました。
この催しは自動車業界における先端テーマの最新技術が集まった展示会となり、東京では過去に10回開催されており、ものづくりが盛んな愛知県での開催は初めてということで、会場はとても賑わっておりました。
3Dプリンターや組立品自動外観検査装置、非接触のレーザー加工機など様々な展示品の中、自動車という立体物が対象ということもあり、シール・ラベルなど一般的に平面なものを取り扱う我々と違って新鮮な感覚でした。
部品製造に関しても試作品の対応から1点ものの受注まで行っており、広い分野でのオンデマンド生産の広がりを改めて感じました。
工具や部品一つにおいても、お客様のニーズや困っていることを解決するために改良を重ね設計変更をしたり、安全と品質を保てるような細かな配慮をした対策を組み込んだり・・・と苦労されているお話を聞き、私としましても非常に勉強になりました。

EV、PHV、FCVは既に実用化されており、自動車を安全・快適に走行させるためにひとつひとつの部品の品質が重要視される中、近年においては模倣品が増加し、対応が求められています。
当社におきましても、ここ数年の取り組みとして自社のブランドを守るための偽造品対策ラベルを提案させて頂いております。詳しい内容などお気軽にお問い合わせください。

自動車産業の進化は著しく、近年においてはAIを活用した自動運転の開発が進んでおりますが、今後弊社におきましても創造力を生かし、時代と共に常に成長し続けてまいりたいと思います。